制作費&維持費無料の完全成功報酬型ウェブサイト制作。結果を出す自信があるから出来る、本当のギブアンド・テイク。

 

 

 

宣 はじめまして。
  さっそくですが、御社、「パースの虎」様のホームページを制作するにあたり、
  起業の経緯や業務への意気込みなどをインタビューみたいな感じでお聞かせいただきたく思います。
  よろしくおねがいします。
虎 こちらこそ。

 

 

 

「建築パース」とは何ですか?

虎 一言で言うと、住宅のCGね。3Dの。
  外観と内装どちらもあるけど、虎は外観を主にやってる。一戸建てメインで。
  ウチらからすると、お客さんは工務店さんとかハウスメーカーさんとかかな。
  パースは住宅の購入検討者さんへの商談とかプレゼンに使われることが多い。
  あるいは、大工さんもパースを見ていたほうが、家作りの工程をイメージしやすい。

 

 

 

なるほど。ではパースの虎というのは3Dで建築のCGとかを作成するサービス名・団体名なわけですね。どのようなメンバーで構成されているのですか?

虎 俺は知人と数人で「パースの虎」をやってるんだけど、虎はデザイナー集団ではないんだ。
  普段は違う仕事をしているし、虎の活動は夜とか休日とかにしてる。

 

 

 

えっ、建築パースで食べているわけではないんですか?

虎 そうだよ。
  だから、実は建築パースとか3Dキャドとかっていうのは、俺や虎の仲間からしたら、ぜんぜん
  本業とは関係ないんだ。
  まあ、中には近いような仕事をしているやつもいるけど。

 

 

 

では、そもそも3Dキャドとか建築パースというものを代表であるあなたが手がけることになったきっかけは何なのですか?

虎 何年か前にマイホームを建てたんだけど、そのときの打ち合わせのやりとりで、
  工務店さんから3Dの完成予想図CGみたいのを見せてもらったんだ。
  結局、それが建築パースだったんだけど。
  で、「へー、今はこんなのがあるんだ」と思った。
  ふつうはそれで終わりなんだろうけど、なぜだか俺は、それを自分でも作ってみたくなったんだ。
  以前から、3DのCGとかってどういう風につくるんだ?って疑問もあったしね。
  もともと昔からプラモデルとかジオラマとかを制作するのが好きで、
  何か忘れかけていた趣味みたいのを、またやってみたいと思ったんだ。

 

 

 

すごいですね。趣味が高じて、というわけですか。でも、その技術の習得は困難だったのではないですか?

虎 たしかに。はじめは、いろいろ苦労したね。
  だけど、子供の頃からやっぱ模型とかジオラマとか好きでさ、
  こりだすとやめられないんだ。
  で、いつの間にか、建築パースを作成できるようになっていたよ。

 

 

 

なるほど。しかし、「虎」はあなただけで運営しているわけではない。その、お仲間さんたちは、どのような経緯で知り合ったのですか?

虎 んとね、そいつらははじめから友人で、もともとは建築パースとか3DCGとかはぜんぜん
知らないやつらだったんだ。
  で、俺が建築パースづくりにのめりこんでいって、
  「これおもしろいぜ!」
  って面白半分に薦めたんだ。
  俺の友人には共通点があって、みんなけっこう模型とかジオラマとか、そんなのが好きなんだよね。
  そしたらさ、そいつらも本当に建築パース制作ソフト買っちゃってさ。(笑)
  そのうち仲間内で、自分のつくったパースとかを見せびらかしあうようになってた。
  まあソフト買っちゃえば金も全然かからないし、本当にいい趣味だよね。

 

 

 

そうだったんですか。じゃあ「虎」をはじめたきっかけは?

虎 前から不思議に思ってたんだ。
  「何で建築パースとか3DCG制作って、業者に頼むとこんなに高いんだろう?」って。
  そしたらほかの虎たちもそう思ってたみたいで。
  「これで6万!?馬鹿じゃねえの!?」
  「いやいや、こんなんで3〜4万はありえないでしょ」
  みたいな意見が噴出した。
  もう、そのときにはすでにみんな同じ気持ちになっていたよね。
  「俺たちがやったほうが、工務店さんとか家を建てるお客さんのためになる!」
  ってね。

 

 

 

そんな経緯があったのですか。何だかプロジェクトXみたいで、熱くなりますね。

虎 そう、アツいんだ。
  どこから沸いてくるのかわからないんだけど、
  「建築パース業界も、このままじゃダメだ!」
  って気持ちを、俺たちは抑えきれない。

 

 

 

伝わってきますよ、ひしひしと。それで、当ホームページを作成する前は、どのような活動をしていたのですか?

虎 近所の工務店さんとかに、建築パースで困ってないか聞いて回ってみた。
  そしたらやっぱ、値段が高いって言ってた。
  でも自分たちで覚えるのも難しいし、泣く泣くデザイン会社とかに頼んでいたらしい。
  あるいはパースがあったほうが明らかにマイホームを希望するお客さんへのプレゼンとしては
  アピール力が増すんだろうけど、経費の関係で建築パースを全然つくらないとか。
  工務店さんやハウスメーカーさんは、パースに関してのいろんな悩みを抱えていた。
  だからそれに応えるように、俺たちは提案してみたんだ。
  「一戸建ての外観だったら、納期が10日ぐらいあれば、30000円の半分の15000円で作りますよ」ってさ。
  そしたら工務店さんびっくりして、
  「えっ、そんな金額で請け負ってくれるところ、聞いたことないよ!
   ほんとにできんの?」みたいな。
  15000円だったら失敗してもいいやみたいな感じで、最初の受注を得ることができた。
  ためしに制作して、納品。そしたら、
  「この出来なら十分にお客さんへの商談に使えるよ!
   今後もこの値段でいいの!?」
  「もちろんですよ。喜んで。」
  こんなノリでした。

 

 

 

しかし相場価格の30000円と比べて15000円というのは、安すぎないですか?

虎 いや、そんなことは無いと思うよ。
  まあ、それだけで食べているデザイナーさんとかにしたら30000円くらい取らないとやってけないんだろうけど、
  俺たちなら15000円で十分だよ。他にも仕事してるし。
  でもデザイナーさんとかってけっこうベンツとかレクサスとか乗ってたりするでしょ?
  だから、一戸建ての外観で30000円とかだと、粗利はものすごいんだと思う。30000円だと儲かりすぎなんだよ。
  だけど虎の設定価格である15000円だとしても、コンスタントに注文があったと仮定したなら、じゅうぶんに割のいい
  サービスだと思う。
  何しろ、俺たちの仲間には、「カネいらないからパースを作らせてくれ!」って
  奴もいるぐらいなんだ。
  さすがに、商売だからタダというわけにはいかないけれどね。(笑)
  あと、安くできる理由には、広告費がほぼ無いということも大いに影響している。
  地元の付き合いのある工務店さんの依頼とかを受けることはもう営業費用はかからないし、
  あえて広告活動といえるようなものは、「宣伝部長」さんに作ってもらった、
  このホームページくらいだもの。
  「宣伝部長」さんのサービスなら、制作費も維持費も全然かからなくて、
  主張をガツンと伝えられるインパクト重視のサイトを制作してくれて、売れたときの報酬を
決まった割合バックするだけだもんね。
  営業費用がかかりすぎてウチらの経営が破綻することは絶対に無い。
  広告しすぎて経営破綻といえば、何年か前に、画期的な植毛みたいなやつあったでしょ?
  あの、透明なシールみたいので毛を頭に張るやつ。
  激しい洗髪も可能で、1ヶ月以上の耐久力があるって言ってたな。
  しかもカツラや植毛と比べてケタ違いに安いから、価格競争力も圧倒的。
  CMでは腕とかに毛をくっつけてたっけ。(笑)
  あれだって、本当にすごい技術だから、うまく売ればとんでもなく儲かるはずだったらしいね。
  だけど、あせってCMとか打ちすぎて、それが回収できずに潰れちゃった。んで買収されたか何かで。
  だから、広告費とか営業費とかをナメてかかることは、死を意味する。
  ウチの場合はそれがないのは、マジで安心できる。
  それに売れたら売れただけ宣伝部長さんにも還元できるから、本当にギブアンドテイクって感じがするよね。

 

 

 

ありがとうございます。そこまでほめていただけると、このサービスをやっていてよかったなと、つくづく思います。

虎 実はさ、宣伝部長さんに頼む前に、他の成果報酬型の商用サイト作成会社に審査依頼をしたことがあったんだ。
  でも審査には通らなかった。
  まあ無理もないよね。
  ウチはそのころはほとんど実績もなかったし、そういうところはそもそも上場企業とかを相手に
やってるみたい。
  相手にもされてなかったんだと思う。
  だから、宣伝部長さんの審査をパスしたときは、びっくりしたよ。

 

 

 

いえいえ、そんなことはないですよ。パースの虎さんの作る3Dの建築CGは素人が見ても完成度が高いと分かるし、何より、価格競争力がすごい。

だからむしろ、あなた方のパートナーとしてやらせていただけることになり、誇りを感じているほどですよ。

虎 嬉しいこと言ってくれるね!

 

 

 

最後に。ポリシーみたいのはありますか?

虎 納期を守る。
  お客さんにとっては、本当に納期って大事なものなんだ。
  だからこそ、無理な注文は絶対に受けない。
  納期内に納品できそうに無い依頼は、必ずはじめから断る。
  そうしないと、むしろお客さんに失礼だから。
  あとは、制作のために預かった設計図面を流出させない。
  家の図面って言うのは、設計士さんやお客さんにとっては、
  よくよく考えて苦労して作ったもので、いわば子供みたいなものなんだ。
  これを他へ出すのは、もってのほかだよ。
  セキュリティや守秘義務には、かなり気を使っているよ。

 

 

 

宣 今後とも、よきパートナーとして協賛させていただければ、幸いです。
  なにとぞ、よろしくお願いいたします。
虎 こちらこそ、よろしく!(握手)

 

 



トップページ 審査から制作へ 他の制作会社との比較 サイトが成功するために 制作実績 お問い合わせ