制作費&維持費無料の完全成功報酬型ウェブサイト制作。結果を出す自信があるから出来る、本当のギブアンド・テイク。

成功報酬型サイトの製作のながれ

『宣伝部長』宛てに、審査依頼をしていただきます。

必要な情報は、業種や商品の利益率などで、これにパスすると、本格的な製作となります。
独自ドメインな上に、制作費も維持費も無料、おまけに成長型なので、多数の応募があります。
宣伝部長は、既存の成果報酬型のサイト制作会社さんよりは、はるかに審査に通りやすいはずです。
なにしろ、それらの同業他社さんは、全国規模の企業にデザインも一流なサイトを提供するというものが多いので、2%程度の通過率となってしまうようです。
でも、そんなにビジュアルにこだわらなくても、あなたのサービスを求めているお客様にその有益さを文章でしっかりとアピールすることにより、十分な集客効果を挙げることができます。

 

また、集客力を重視するために、制作したサイトには、宣伝部長が携わった旨を記載いたしません。
当サイトの制作実績にも、進んで志願されない限り、載せません。
あくまでも、あなたの自作のようなテイストで、作らせていただきます。
集客力のあるホームページは、中身のある自作サイトが多いからです。

 

 

 

 

どのような方が制作審査をパスするのか

「宣伝部長では、何を審査の基準にしているのか」というご質問をいただいたことがあります。
基本的には、その業務なりアイディアが具体性を帯びていて、いかに収益を期待できるのかという点にあることは言うまでもありません。
しかしながら、どちらかというと、

 

・ただならぬ、それにかける意気込み
・誰もが思いつかなかった理論
・マニアックだが唯一無二の技術力

 

といったもの、ワクワクさせてくれる要素が伝わってくると、審査に通りやすい傾向があります。
やはり、人を動かすのは「情熱」ですね。

 

 

 

 

あなたの業務に関する画像や文章をメールしていただきます。

商用サイトを作成するには、普通に考えたら直接制作者とお客様が会わなければならない、
というイメージがおありかもしれませんが、ホームページの構成によっては、そんなことはありません。
たいていの商用サイトなら、実は、お客様と制作者とのメールのやりとりだけで作れてしまうのです。
デジタルカメラで撮影いただいたあなたの商品や店舗、そしてその業務を思わせるイメージ画像など、
絵に関しては、それで十分です。
また、サービス内容や主張も、箇条書きの文章をいただいてこちらで編集することもできますし、
場合によっては、あなたのサービスのチラシのスキャンを、FAX送信とか郵送いただくこともできます。
やりかたによっては、いかに都道府県が違っても、やりとりは可能なのです。

 

 

 

 

いったん、サイトを製作してみます。

はじめにつくったものは、何でもそうですが、あまりまとまりがないものです。
しかし、それでもあなたのサービスを欲しているお客様が閲覧してくださり、受注できる可能性もあるので、
インターネット上にアップロードしてしまっても、損はありません。
それから、気長に、訂正や改良をはかっていけばよいのです。
また、『宣伝部長』の強みは、ここにあります。
なにしろ、通常のサイト制作会社さんは、お客様から指摘をいただき、お金をもらってしか、更新作業はしません。
『宣伝部長』はその逆で、われわれウェブサイト制作者側が自主的にあなたのサイトの発展していける要素を見出し、何も言われなくても、日々の改善を続けていくのです。
必要に応じて、新たな写真画像や業務の情報を教えていただくやりとりに、白熱するかもしれません。
いわば、「自己成長型」のウェブサイト制作サービスといえるでしょう。

 

 

 

 

やった!自社ホームページから受注がとれた!

おめでとうございます。『宣伝部長』も、本懐をとげたというか、面目躍如です。
それで、どのようにしてあなたのサイトを見て、依頼されたお客様を『宣伝部長』が把握するかということについてですが、そのサイトによって異なってきます。
多くの場合は、そのサイトで受注されたお客様に、われわれサイト制作者側から特典を提供することで、そのサービスを受けたことを申告していただいております。
宣伝部長が携わったという旨を記載しないために、

 

・ギフトカードを差し上げるので、こちらの応募フォームに、「お客様の声」をお寄せください。

 

という表現になることが多数です。
その応募フォームの送信先が、宣伝部長なのです。
閲覧者様には、宣伝部長の存在は、わかりません。
そして実際に、その「お客様の声」を、ホームページに活用させていただいております。
なおこの場合、宣伝部長とサイト制作依頼者様との間で、受注があったかどうかだけ確認できれば十分なので、応募フォームは、個人情報の記載は強制していません。
ニックネームと、返信用のメールアドレスを求めるだけです。

 

そういった確認形式が困難な場合は、完全に自己申告です。

 

また、サイトから受注が取れた場合の成功報酬率ですが、これまたお客様やサービスの利益率によりけりで、純利益の大体10〜30%になります。
扱うサービスが月額制や月謝制のようなものだった場合、紹介料のような形式で、一回きり収める、というケースも多いです。
その場合のギャラも、応相談、ですね。
これを高いと感じるか、安いと感じるかは、あなた次第です。
超一流のデザインやシステムで、制作費や維持費もまた一流か。
あるいはインパクトや説得力はあるがそこそこのビジュアルで、初期費用もランニングコストもゼロか。
どちらがより集客力があるのかは作ってみなければわかりません。
しかし、集客力がまったくなかった場合の損失は、火を見るより明らかかと存じます。

 


トップページ 審査から制作へ 他の制作会社との比較 サイトが成功するために 制作実績 お問い合わせ